次に中国強豪選手と対戦する時の石川佳純・伊藤美誠選手の課題

昨日の全日本卓球選手権女子決勝戦では、五輪出場予定選手の石川佳純と伊藤美誠が、優勝をかけて対戦したが、

石川は、前半は伊藤の速いテンポについていけなくて、どうもまくいかないと、第4ゲームまで修正できぬままじりじりしながらプレーしていたが、第5ゲームからはテンポが遅れることもなくなってきて、後は押す一方になった。

対する伊藤は、最初はバックのロングの球にも勢いが有ったが、余りにもバックでラリーを続けすぎたせいか、次第にバックのロングが棒玉になってきて、最終ゲームではバックロングの球に勢いも方向性も無くなっていた。

以上のことから、今後二人が中国の強豪選手と対戦する時に気をつけねばならない課題が見えてきたと思う。

それは、
石川の場合は、しばしばテンポが遅れるのにそれに十分に気が付いていなくて、修正方法も良くわかっていないということであり、
伊藤の場合は、バックロングでのラリーを余り続けない方が良いということである。

石川が、第5ゲームからテンポがずれなくなったのは、何のせいにしろとにかく、腕の振りがコンパクトになって、球に対するヒッチが良くなったからである。この点を石川は十分に認識できていないように思えるが、せっかくコンパクトに振ることを覚えても、日本ではロングの打ち合いになることが多いのでついつい忘れてしまうというのでは、全くもって損なことをしていることになる。調子良く行っている時には、何が良いのか突き止めておくべきである。そして中国選手と対戦する時には、コンパクトに振るということを特に忘れないようにする必要が有る。

伊藤の場合は、台に着いて打つバックは威力が有るのであるが、そうかといってバックでロングラリーを続けるのは、どう見ても不利である。
伊藤選手は他の選手より幾分小さいため、腕の振りはその分早いのであるが、ストローク幅はどうしても短くなってしまうので、球の送りが不十分になって、遠くへ球を飛ばすのには向いていないというマイナス面も有る。
バックの球は、台付近にいる時にこそ、短時間で急角度の切り返しができて、威力を発揮するのであるから、バックを多用するのならば台から余り離れない方が良い。
また、バックを多用する選手は、概してフォアに来る球に対して対応が甘くなる傾向が有るが、それを防ぐには、球を待つ時のラケットの角度を左右同じにする(正眼の構えにする)などの工夫を施すことが必要である。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント